○久米南町環境整備事業補助金交付要綱

平成14年3月29日

要綱第6号

(趣旨)

第1条 町長は、ごみの収集施設に関して地域の自主的活動を支援するため、予算の範囲内において、第2条に規定する事業に対して補助金を交付するものとし、その交付については、この要綱に定めるところによる。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、次に掲げる用語の意義は次に定めるところによる。

ごみ収集施設整備事業 一般家庭から排出されるごみを、岡山市久米南町衛生施設組合が収集するため、一定地域の収集施設を整備する事業をいう。

(事業の補助対象者)

第3条 前条の事業にあっては、当該事業を実施した一定地域の代表者とする。

(補助金の支給額)

第4条 この要綱による事業に対する補助金の支給額は、予算の範囲内で、次の各号に規定するところによるものとする。

ごみ収集施設整備事業補助金

ア 補助限度床面積は、8平方メートルとする。

イ 補助金限度額は、20万円とする。ただし、2基分を一箇所に設置する場合は補助金限度額は40万円とする。

ウ 施設設置に必要な基礎工事及び床等の舗装工事は、当該事業に含まれるものとする。

エ 道路等公共用地に、施設を設置しようとする場合は、管理者の占有許可を得なければならない。

オ 個人の土地に、施設を設置しようとする場合は、土地所有者の承諾書を添付しなければならない。

カ 補助を受けて設置した施設の耐用年数は10年とする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者は、あらかじめ環境整備事業補助金交付申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(補助金交付の決定)

第6条 町長は、前条の規定による補助金交付申請があったときは、その内容を審査し、補助金交付の可否を決定するものとする。

2 町長は、前条の規定により補助金の交付を決定したときは、環境整備事業補助金交付決定通知書(様式第2号)により、交付しないと決定したときは、環境整備事業補助金交付不決定通知書(様式第3号)により、それぞれ申請者に通知しなければならない。

(実績報告)

第7条 前条第2項の規定による補助事業者は、事業の完了後1箇月以内、又は当該年度の3月31日のいずれか早い日までに、環境整備事業実績報告書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(補助金額の確定)

第8条 町長は、前条の規定により提出された実績報告書を審査し、条件に適合すると認めたときは、補助金の額を確定し、環境整備事業補助金額確定通知書(様式第5号)を交付するものとする。

(補助金の支払い)

第9条 町長は前条の規定による補助金の額の確定後、環境整備事業補助金請求書(様式第6号)により、補助事業者の請求に基づき補助金の支払いをするものとする。

(補助金交付決定の取消し)

第10条 町長は、補助事業者が次の各号の一に該当するときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 不正の手段により補助金の交付を受けたとき。

(2) 補助金を他の目的に使用したとき。

(3) 補助金交付の条件に違反したとき。

(補助金の返還)

第11条 町長は、前条の規定により補助金の交付決定を取り消した場合、既に補助金を交付している場合は、当該取消しに係る部分について、環境整備事業補助金返還命令書(様式第7号)により、補助金の返還を命ずるものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、この補助金の交付に関し必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年7月2日要綱第14号)

この要綱は、公布の日から施行し、改正後の久米南町環境整備事業補助金交付要綱の規定は、平成14年4月1日から適用する。

附 則(平成23年12月7日告示第107号)

この告示は、告示の日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

久米南町環境整備事業補助金交付要綱

平成14年3月29日 要綱第6号

(平成23年12月7日施行)