○久米南町県営土地改良事業分担金徴収条例施行規則

昭和51年1月10日

規則第1号

(分担金の総額)

第2条 条例第2条第2項の分担金の総額は、県営土地改良事業に要する費用につき土地改良法(昭和24年法律第195号。以下「法」という。)第91条第2項の規定により町が負担する分担金の額に別表第1の左欄に掲げる事業の種別により同表右欄に掲げる率を乗じて得た額とする。

(分担金の決定通知)

第3条 条例第2条第3項の分担金の額その他当該分担金に関し必要な事項は、当該事業に係る各年度の負担額が決定後すみやかに決定し、当該分担金の徴収を受ける者に通知するものとする。

(分担金の減免等の手続)

第4条 条例第4条の規定による分担金の減免又は徴収の猶予を受けようとする者は、分担金減免、徴収猶予申請書を町長に提出しなければならない。

(分担金の特例に係る事項)

第5条 条例第5条第1項の規定により指定する事業は、別表第2に掲げる事業とする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年12月25日規則第79号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表第1(第2条関係)

種別

負担率

大規模老朽ため池事業

100分の100

広域営農団地農道整備事業

100分の100

ただし、万円未満の端数は切り捨てることができる。

別表第2(第5条関係)

県営老朽ため池事業

県営農道整備事業

久米南町県営土地改良事業分担金徴収条例施行規則

昭和51年1月10日 規則第1号

(平成4年12月25日施行)