○久米南町立教育集会所設置、管理に関する規則

昭和62年6月30日

教育委員会規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、久米南町立教育集会所設置、管理に関する条例(昭和49年久米南町条例第20号。以下「条例」という。)第10条の規定に基づき久米南町立教育集会所(以下「集会所」という。)の管理運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 運営委員会(以下「委員会」という。)は、条例第8条の事業及び集会所の円滑な運営をはかるため、次の各号に掲げる者のうちから委員を委嘱する。

(1) 地域の各種団体機関の役員

(2) 関係行政機関の職員

(3) 町内学校長及び担当者

(4) その他教育委員会が必要と認めた者

(役員)

第3条 委員会に、次の役員を置く。

(1) 委員長 1 名

(2) 副委員長 2 名

(3) 顧問 若干名

2 委員長及び副委員長は、委員のうちから互選する。

3 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

5 顧問は、委員会の推せんにより置くことができる。

(会議)

第4条 委員会は、条例第8条に定める事業の企画、実施について調査審議するほか、教育委員会の諮問に答える。

2 委員会の定例会は、3月及び9月に招集することを常例とする。

3 委員の3分の2以上の要求があるとき、又は委員長が必要と認めるときは、臨時会を招集する。

4 委員会の議長は委員長があたり、委員の過半数の出席がなければ、開くことができない。

5 委員会の議事は出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長が決する。

(報酬及び費用弁償の特例)

第5条 第2条第2号及び第3号の委員については、委員長の招集に応じて出席した会議が町内であるときは、報酬及び費用弁償は、支給しない。

(施設、設備の使用等)

第6条 集会所を、教育目的又は条例第8条の事業以外に使用する者は、使用許可を受け、使用料を納付しなければならない。

2 前項に定める使用許可を受けようとする者は、使用の日の5日前までに、集会所使用許可申請書(様式第1号)を管理者に提出し、その許可を受け、使用日の前日までに使用料を納付しなければならない。

3 管理者は、前項の規定する申請書を審査し、支障がないと認めたときは、集会所使用許可書(様式第2号)を当該申請者に交付しなければならない。

4 集会所使用について特別な場合は、管理者は委員長と協議し、決定するものとする。

5 集会所の使用時間は、午前9時から午後10時までとし、引き続き使用するときも2日を超えることはできない。

(委任)

第7条 集会所の管理運営及びこの規則の施行に関し必要な事項は、委員会が別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行と同時に、久米南町立教育集会所運営委員会設置規則(昭和49年教育委員会規則第2号)及び教育集会所使用に関する規則(昭和49年教育委員会規則第3号)は、廃止する。

附 則(平成5年2月26日教委規則第15号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

久米南町立教育集会所設置、管理に関する規則

昭和62年6月30日 教育委員会規則第1号

(平成5年2月26日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和62年6月30日 教育委員会規則第1号
平成5年2月26日 教育委員会規則第15号